エネルギー・GHG排出削減

  • 重要課題

  • GRI Standards

  • 305

ミズノでは、地球温暖化対策の一環として、グループ全体でエネルギーおよびエネルギー起源CO2削減に向けた取組みを進めています。

エネルギー使用量

エネルギー使用量 [*b] 注1

単位 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
電力 万kWh 1088.9 1040.0 991.5

1,121.2

1,104.1

都市ガス 千m3 39.2 39.3 38.7

37.6

38.0

LPガス t 98.6 111.4 95.7

104.9

94.4

灯油 kl 20.8 21.8 22.1

39.4

44.1

ガソリン・軽油 kl 884.8 841.4 805.7

1,026.4

910.9

重油

kl

-

-

-

99.0

99.6

地域冷暖房 GJ 10913.0 10102.2 9535.8

9,517.0

10287.7

(注)1.数値は、2014年度以前はセノーグループを除き、2015年度以降はセノーグループを含む

エネルギー起源のCO2排出量

国内事業所および生産拠点でのエネルギー起源のCO2排出量は前年度比で2.9%の削減となりました。

国内のCO2排出量 [*b] 注1

単位 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
t-CO2

9,069

8,817

8,339

9,948

9,662

原単位指数

76.5

69.2

67.0

77.5

74.0

(注)1.数値は、2014年度以前はセノーグループを除き、2015年度以降はセノーグループを含む

ミズノグローバルでの国別エネルギー起源のCO2排出状況 [*a]

海外事業所および生産拠点も含むグローバル全体でのエネルギー起源の二酸化炭素排出量は15,801 t-CO2で、前年度比で4.9%の削減となりました。

単位:t-CO2
2014 2015  2016
日本 8,339 9,948  9,662
中国(工場) 2,915 2,780  2,536
アメリカ 1,384 1,545  1,460
イギリス 650 595  555
フランス 215 294  238
台湾 180 219  224
カナダ 152 259  205
韓国 157 199  190
ドイツ 177 173  182
香港 26 252  180
オーストラリア 134 154  145
中国 125 105  106
イタリア 57 68  84
シンガポール 177 19  34
合計 14,688 16,610  15,801

その他の間接的な温室効果ガス排出状況 (Scope 3)

2016年度 その他の間接的な温室効果ガス排出量 (Scope 3) [*b]


Scope カテゴリー  カテゴリ名  CO2排出量
(t-CO2)
内訳比率
 Scope1   自社の直接排出 2,905 0.8%
 Scope2   自社の間接排出 6,714 1.9%
 Scope3   他者の間接排出 343,686

97.3%

(内訳)  カテゴリー1  購入した製品・サービス 283,195 80.2%
 カテゴリー2  資本財 4,435 1.3%
 カテゴリー3  燃料・エネルギー関連 910 0.3%
 カテゴリー4  輸送・配送(上流) 8,384 2.4%
 カテゴリー5  事業から出る廃棄物 235 0.1%
 カテゴリー6  出張 2,316 0.7%
 カテゴリー7  雇用者の通勤 2,899 0.8%
 カテゴリー8  リース資産(上流) 3,737 1.1%
 カテゴリー9  輸送・配送(下流) 234 0.1%
 カテゴリー12  販売した製品の廃棄 32,500 9.2%
 カテゴリー15  投資 4,841 1.4%
合計     353,305
100%

今後の課題

Scope1、2だけでなく、Scope3を含めた温室効果ガス排出削減に向けた取り組みを目指します。