公正な事業慣行

ミズノでは、ルールの遵守に基づくフェアプレーがスポーツの基本であるように、ミズノの事業活動においても、コンプライアンス即ち、法令、社会規範、倫理、社内規程などの遵守をグローバルに徹底し、公正・誠実な競争による事業活動を推進することが重要と考えています。また、ミズノ自身の知的財産の保護および他者の知的財産権の尊重に努め、アンフェアな行為を許さない企業風土を創り上げるよう努めています。

基本方針

ミズノ倫理規範に基づき、CSR推進委員会およびリスクマネジメント委員会の下、グループ全体のコンプライアンスの徹底を行っています。
また、ミズノ倫理規範の中で、「1)社内で創出された知的財産の保護を徹底する。2)第三者の知的財産を尊重し、侵害しない。」と規定し、国内外で特許、実用新案、意匠、商標の知的財産権を積極的に取得し活用を進めています。

2016年度 パフォーマンス ハイライト

  • コンプライアンス教育実施率

    100%