個人情報の保護

  • 重要課題

  • GRI Standards

  • 418

ミズノでは、情報セキュリティへの取組方針(=セキュリティ・ポリシー)を経営上の重要課題と位置づけ、情報セキュリティ全般に関する基本方針および対策を策定し、継続的に管理・運用しています。
特に個人情報保護の重要性を強く認識し、厳格な管理を確実に実行し社外への流出を防止する為に、個人情報保護規程を定め、人事総務担当役員が統括責任者となり、個人情報の取扱者に教育訓練、安全対策の実施、棚卸等の措置を行い、適切に管理を行っています。

個人情報を収集する場合は使用目的、収集手段等を明確にし、社内の事前承認が必要です。また、集めた個人情報の管理方法、廃棄方法なども決められているほか、規程に定められた通り正しく運用されているかの監査を定期的に実施し、あわせて個人情報の取り扱いに関して、全従業員を対象に教育を行っています。
2016年度は、個人情報の保管・収集方法、第三者への提供および廃棄に関する社内ルールを全従業員向けデータベースに掲載し周知しました

ミズノでは、スポーツイベント開催時やスポーツ施設運営などを通じ、多くの個人情報を管理していることから、大きな事故につながらないような仕組みの構築に努めています。

今後の課題

改正個人情報保護法施行に合わせて、適正に個人情報を収集、管理していく必要があるため、2017年度は以下の対策を行っていきます。

  • 個人情報収集申請データベース、個人情報保管データベースシステムのリニューアル。
  • 社内の個人情報保護規定や、社外向け利用規約、プライバシーポリシーの改訂。