製品責任

「ええもん作んなはれや」。創業者・水野利八のこの言葉は、創業当時から変わらずミズノのモノづくりを根底から支えるとても大切な言葉です。ミズノでは、品質に徹底的にこだわり、ミズノブランドの強みである卓越した技術と、その技術に裏付けられた品質を実現してきました。ミズノでは、安全で優良な製品を製造・販売するとともに、ミズノ製品を使用するお客様が正しく安全に使用できるよう正確かつ充分でわかりやすい情報を提供していきます。また、お客様からのご意見や苦情に対応し、その声を継続的な改善に活かしていくことが、スポーツ関連製品・サービスを提供する私たちの責任であると考えています。

基本方針

ミズノでは、ミズノ品質方針に基づき、安全で優良な製品・サービスの提供に取り組んでいます。

ミズノ品質方針

ミズノ株式会社およびミズノグループ各社は、顧客の信頼と満足を得るために、優良な製品とサービスを提供すること、正確な情報を発信すること、また、顧客の「声」を謙虚に聞くことを基本姿勢とし、以下の取り組みを継続的に推進することを約束します。

  1. 顧客に満足してもらえる魅力ある高品質な製品・サービスを提供する。
  2. 安全で適正な品質の商品提供と、その維持・向上に努める。
  3. 社内外のルールに従って正確な品質情報を提供する。
  4. 顧客の「声」を謙虚に受け止め、製品・サービスの品質向上に反映させる。
  5. 関連する法令・規制・社内規程を遵守し、社会的要求を尊重する。
  6. 品質保証体制を定期的に見直し、継続的改善を図る。

品質に関する重要な方針、施策については、品質保証担当役員を委員長とする品質保証会議で審議、決定されます。品質保証会議は6ヶ月に1回定期的に開催しています。また、製造部隊である「グローバルフットウエアプロダクト本部」「グローバルアパレルプロダクト本部」「グローバルイクイップメントプロダクト部」という3つの部門、およびミズノグループである「ミズノテクニクス株式会社」「セノーグループ」のそれぞれでQC会議(QC: Quality Control 品質管理)など品質に関する会議を定期的に開催し、不良品の再発防止策の検討と徹底を行っています。さらに、品質を確実なものにするために、品質保証部は、全従業員を対象にした品質教育を数多く行っています。

品質管理体制

製造工程における品質を維持するため、作業手順や管理方法を明確に定め、製品の品質を確保することを目的に製造管理規程を定めています。この規程は、ミズノが取り扱う全ての製品の製造工程および それら工程を担当する者に適用され、仕入先の製造工程についても、原則として本規程が準用されます。自社内製造工程の管理責任は、その製品の生産、製造を担当する担当部門の部門長に、また、仕入先の管理責任は、その製品の仕入れ担当部門の部門長にあると明確に規定しています。

また、仕入品質管理規定では、製造委託先などから製品などの仕入業務に伴う品質管理事項を明らかにし、仕入先の評価を製品の品質向上と顧客満足の向上につなげることを目的としています。仕入先の経営方針、品質管理(検査、検針など)、物流、設備、作業環境(整理整頓、見える化など)、開発(パターン作成、サンプル作成、仕様書作成など)、コスト・納期など、予め定められた評価表などを用いて取引開始前に評価(事前評価)を行っています。

企画から販売までの品質管理・保証フロー


品質管理体系図


2016年度 パフォーマンス ハイライト

  • 品質に関する研修実施状況 [*d]

    延べ99回開催 / 2417名参加

  • 新聞社告等を必要とする重大な不良品・事故発生件数

    2005年度以降0件