HERITAGE AND HISTORY

再生

はじまりは、ひとつの野球ボール

  • 1906
    水野利八、弟利三と大阪北区で「水野兄弟商会」を創業。洋品雑貨のほか野球ボールなどを販売
  • 1907
    運動服装オーダーメイドを開始
  • 1910
    店舗を大阪梅田新道に移転。同時に「美津濃商店」と改名
  • 1911
    運動用具の生産を計画
  • 1912
    東京支店開設
  • 1913
    野球グラブ、ボール製造開始
  • 1914
    堂島工場開設。本格的なスポーツ品製造開始
  • 1916
    硬式野球ボールの規格化提唱
  • 1917
    イズヒ印・カップ印商標権獲得
  • 1918
    オーバースエター、カッターシャツ、ボストンバッグ、ランパンなど、ネーミング・アイデア商品発売

まだミズノが美津濃だった頃から。

  • 1921
    ゴルフクラブづくりの計画スタート
  • 1923
    国内スキーの開発を始める
  • 1927
    大阪淀屋橋に本社屋完成
  • 1929
    水野利八、欧米視察
  • 1933
    日本初のゴルフクラブ「スターライン」発売
  • 1934
    東京板橋工場開設
  • 1938
    セレクト科学研究所設置「商品(技術)開発部の前身」
  • 1939
    「上海美津濃運動用品株式会社」設立

スポーツの歓びを、もう一度人々のもとに。

  • 1940
    ミズノ製グライダー301型ソアラーで高度・滞空新記録樹立
  • 1942
    「美津濃株式会社」に社名変更
  • 1943
    養老工場開設
  • 1955
    水野利八、全国高等学校野球連盟より功労賞を受ける
  • 1956
    水野利八、藍綬褒章授章
  • 1957
    樹脂注入圧縮バット発明特許獲得

日本人アスリートの活躍につづけ。

  • 1962
    東証第二部上場
  • 1965
    養老に世界最大規模のゴルフ工場開設
  • 1965
    第1回グランドモナーク・ゴルフ大会開催
  • 1969
    会長に水野利八、社長に水野健次郎就任
  • 1971
    水野利八、野球殿堂入り
  • 1972
    東証、大証第一部に上場
  • 1977
    美津濃ゴルフクラブが米ゴルフ殿堂入り

新しい時代へ、新しい《ミズノ》で。

  • 1980
    CIS導入
  • 1981
    「美津濃ランバード株式会社」設立
  • 1982
    世界初のカーボンヘッド・ゴルフクラブ<バンガード>発売
  • 1982
    <ランバード>シューズ発売
  • 1986
    ゴルフの欧州ワークショップ活動スタート
  • 1987
    米でスポーツウエア生産
  • 1989
    第1回「ミズノ TOKYO オープンゴルフトーナメント」開催
    米ビジネスの統括会社「ミズノ・コーポレーション・オブ・アメリカ」設立
  • 1990
    世界初のチタン素材ゴルフクラブ<Ti-110・120>発売
  • 1991
    ミズノのシューズが東京の世界大会で100mの世界新記録(9.86s)を樹立
  • 1992
    新大阪本社ビル「ミズノクリスタ」が竣工(3月19日)、新本社で業務開始(4月1日)
  • 1992
    ゴルフクラブ「ノータス」発売。製品企画とマーケティング展開があたり一大ヒット商品に
  • 1993
    アジア地区における生産管理会社「香港ミズノ」が業務開始
  • 1994
    画期的な新・保温素材「ブレスサーモ」を東洋紡と共同開発。
  • 1995
    中国でスポーツウエアの生産を開始
  • 1996
    画期的な9本歯金具(名称:グリッター)の野球スパイクを開発
    プロ野球選手がオープン戦から使用。8月から市販開始
  • 1996
    前足部の機能を高めたランニングシューズ「キャットプラス」を発売
  • 1997
    米での事業再構築の一環として「ミズノ・コーポレーション・オブ・アメリカ」を解散、
    新たに「ミズノ USA」設立
    安定性とクッション性を向上させるシューズの新機能「MIZUNO WAVE」を開発。
    12月から同機能搭載の製品2機種を日・米・欧で発売
  • 1998
    「全英への道~ミズノオープン」を瀬戸内海ゴルフ倶楽部で開催
  • 1998
    社員のグラブづくり50年の坪田信義が、労働省による"現代の名工"に

スポーツのチカラ。

  • 2000
    冷感新素材<アイスタッチ>採用のウエアがヒット商品に
  • 2002
    初の軟式用カーボンバット「ビヨンドマックス」発売開始
    養老工場を「ミズノ テクニクス(株)」として分社化。「ゼロエミッション」達成
  • 2003
    社員の久保田五十一がバット作りで労働省による"現在の名工"に
  • 2004
    国際陸連(IAAF)とパートナー契約
  • 2005
    プロ野球公式戦用新ボール開発
  • 2006
    野球品、ゴルフ品ブランドマークに「ミズノランバード」使用宣言
  • 2007
    中国ミズノ本社を上海郊外に設立
    新構造「インフィニティウエーブ」搭載のランニングシューズを全世界で発売
  • 2008
    オセアニア州で初の現地法人「オーストラリア ミズノ」営業開始
  • 2010
    自宅にいながら自分の走りにぴったりのランニングシューズを選択できるシステム
    「PRECISION FIT ONLINE」スタート
  • 2011
    第1回大阪マラソンが開催。
    ミズノは協賛企業として大会関係者へのウエアなどの提供や記念品の販売を行う
  • 2012
    イタリアの販売代理店アルト社を引き継ぎ、イタリアミズノを設立
  • 2013
    韓国ミズノを設立
  • 2014
    シンガポールミズノ、タイミズノを設立
    アメリカ・ポートランドにデザインセンターを設立
  • 2015
    ノルウェーミズノを設立
  • 2016
    台湾に「ミズノランニングショップ」をオープン
    MLBアトランタ・ブレーブスとパートナーシップ契約を締結
1906
水野利八、弟利三と大阪北区で「水野兄弟商会」を創業。洋品雑貨のほか野球ボールなどを販売
1907
運動服装オーダーメイドを開始
1910
店舗を大阪梅田新道に移転。同時に「美津濃商店」と改名
1911
運動用具の生産を計画
1912
東京支店開設
1913
野球グラブ、ボール製造開始
1914
堂島工場開設。本格的なスポーツ品製造開始
1916
硬式野球ボールの規格化提唱
1917
イズヒ印・カップ印商標権獲得
1918
オーバースエター、カッターシャツ、ボストンバッグ、ランパンなど、ネーミング・アイデア商品発売
1921
ゴルフクラブづくりの計画スタート
1923
国内スキーの開発を始める
1927
大阪淀屋橋に本社屋完成
1929
水野利八、欧米視察
1933
日本初のゴルフクラブ「スターライン」発売
1934
東京板橋工場開設
1938
セレクト科学研究所設置「商品(技術)開発部の前身」
1939
「上海美津濃運動用品株式会社」設立
1940
ミズノ製グライダー301型ソアラーで高度・滞空新記録樹立
1942
「美津濃株式会社」に社名変更
1943
養老工場開設
1955
水野利八、全国高等学校野球連盟より功労賞を受ける
1956
水野利八、藍綬褒章授章
1957
樹脂注入圧縮バット発明特許獲得
1962
東証第二部上場
1965
養老に世界最大規模のゴルフ工場開設
1965
第1回グランドモナーク・ゴルフ大会開催
1969
会長に水野利八、社長に水野健次郎就任
1971
水野利八、野球殿堂入り
1972
東証、大証第一部に上場
1977
美津濃ゴルフクラブが米ゴルフ殿堂入り
1980
CIS導入
1981
「美津濃ランバード株式会社」設立
1982
世界初のカーボンヘッド・ゴルフクラブ<バンガード>発売
1982
<ランバード>シューズ発売
1986
ゴルフの欧州ワークショップ活動スタート
1987
米でスポーツウエア生産
1989
第1回「ミズノ TOKYO オープンゴルフトーナメント」開催 米ビジネスの統括会社「ミズノ・コーポレーション・オブ・アメリカ」設立
1990
世界初のチタン素材ゴルフクラブ<Ti-110・120>発売
1991
ミズノのシューズが東京の世界大会で100mの世界新記録(9.86s)を樹立
1992
新大阪本社ビル「ミズノクリスタ」が竣工(3月19日)、新本社で業務開始(4月1日)
1992
ゴルフクラブ「ノータス」発売。製品企画とマーケティング展開があたり一大ヒット商品に
1993
アジア地区における生産管理会社「香港ミズノ」が業務開始
1994
画期的な新・保温素材「ブレスサーモ」を東洋紡と共同開発。
1995
中国でスポーツウエアの生産を開始
1996
画期的な9本歯金具(名称:グリッター)の野球スパイクを開発 プロ野球選手がオープン戦から使用。8月から市販開始
1996
前足部の機能を高めたランニングシューズ「キャットプラス」を発売
1997
米での事業再構築の一環として「ミズノ・コーポレーション・オブ・アメリカ」を解散、 新たに「ミズノ USA」設立 安定性とクッション性を向上させるシューズの新機能「MIZUNO WAVE」を開発。 12月から同機能搭載の製品2機種を日・米・欧で発売
1998
「全英への道~ミズノオープン」を瀬戸内海ゴルフ倶楽部で開催
1998
社員のグラブづくり50年の坪田信義が、労働省による"現代の名工"に
2000
冷感新素材<アイスタッチ>採用のウエアがヒット商品に
2002
初の軟式用カーボンバット「ビヨンドマックス」発売開始 養老工場を「ミズノ テクニクス(株)」として分社化。「ゼロエミッション」達成
2003
社員の久保田五十一がバット作りで労働省による"現在の名工"に
2004
国際陸連(IAAF)とパートナー契約
2005
プロ野球公式戦用新ボール開発
2006
野球品、ゴルフ品ブランドマークに「ミズノランバード」使用宣言
2007
中国ミズノ本社を上海郊外に設立 新構造「インフィニティウエーブ」搭載のランニングシューズを全世界で発売
2008
オセアニア州で初の現地法人「オーストラリア ミズノ」営業開始
2010
自宅にいながら自分の走りにぴったりのランニングシューズを選択できるシステム 「PRECISION FIT ONLINE」スタート
2011
第1回大阪マラソンが開催。 ミズノは協賛企業として大会関係者へのウエアなどの提供や記念品の販売を行う
2012
イタリアの販売代理店アルト社を引き継ぎ、イタリアミズノを設立
2013
韓国ミズノを設立
2014
シンガポールミズノ、タイミズノを設立 アメリカ・ポートランドにデザインセンターを設立
2015
ノルウェーミズノを設立
2016
台湾に「ミズノランニングショップ」をオープン MLBアトランタ・ブレーブスとパートナーシップ契約を締結