Mizuno Peoples Story - MIZUNO and I

Next People

aoi

ミズノの魅力を、多くの人に伝えたい!

青井 俊輔
ミズノ フットボールシューズ企画担当

ミズノ社員の青井俊輔の自宅を訪ねると、そこには夥しい数のシューズがありました。
「コツコツ集めているうちに、どんどん増えてしまって。おそらく200足以上はありますね。もちろんすべてミズノです」
ミズノとの出会いは中学生のとき。初めて履いたフットボールシューズのフィット感の良さに感動し、そのときから「このメーカーで働きたい!」という気持ちが沸々と。その思いは高校、大学へと進むにつれて高まっていき、大学の卒業論文はミズノをテーマにしたほどです。
また、小学校2年生から続けているフットボールは自身にとってライフワークとも言えるもの。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、念願かなって入社したミズノではフットボールシューズの企画を担当。現在は社内のサッカー部のキャプテンも務めています。もちろんシューズはミズノひと筋。中学生のときに受けた感動、そしてフットボールに対する長年の熱い思いが、現在へと脈々とつながっているのです。
「ミズノの魅力を、もっと多くの人に伝えたい! そういう強い信念を持って仕事をしていますし、だからこそシューズのコレクションも増えていってしまうんです。奥さんからは完全に呆れられていますが(笑)」

MIZUNO and I

Next People