環境会計

環境保全コスト

2018年度の環境保全コストでは、投資額は前年から約2,300万円増加の8,967万円、費用額は前年から600万円減額の1億2,731万円となりました。2018年度はさらなるLED照明の拡充や、省エネタイプの空調設備への入替などによる投資がありました。主な費用は、廃棄物の再資源化へのコスト、環境配慮型商品の開発・研究にかかるコスト、EMS活動の運用にかかる管理コストです。

2018年度環境保全コスト [*b]

単位(万円)
環境保全コストの分類 主な取り組みの内容 2018年度実績
投資額 費用額
(1)事業エリア内コスト 7,986 4,774
(1)-1公害防止コスト 点検及び検査・分析費用 0 543
(1)-2地球環境保全コスト 省エネ機器の導入費用 7,986 1,121
(1)-3資源循環コスト 廃棄物の再資源化 0 3,110
(2)上・下流コスト 再商品化委託契約、グリーン調達費用等 0 1,022
(3)管理活動コスト ISO14001管理費用、外部コミュニケーション費用、環境広告宣伝費用 0 4,085
(4)研究開発コスト 環境配慮型商品の研究開発費用など 981 2,677
(5)社会活動コスト 事業所周辺のクリーンアップ、どんぐりの会への寄付など  0 173
(6)環境損傷対応コスト 0 0
(7)その他の環境保全に関連するコスト 0 0
総 額 8,967
12,731

環境保全対策効果

2018年度環境保全対策効果 [*b]

削減効果(物量効果)
環境側面 単位 2017年度実績 2018年度実績 削減効果 前年度比
省エネルギー
・省資源
電力 千kWh 10,675 10,361 314 97.1%
都市ガス類 千m3 41 31 10 75.6%
ガソリン・軽油 kl 840 814 26 96.9%
灯油 kl 44 44 0 100.0%
重油 kl 100 100 0 100.0%
上水 3 48 46 1 97.5%
一般廃棄物焼却量 t 43 44 -1 103.3%
産業廃棄物排出量 t 454 441 13 97.1%
集計期間:2018年4月~2019年3月

 

削減効果(金額効果)
単位(万円)
環境側面 2017年度実績 2018年度実績 削減効果 前年度比
電力・ガス・ガソリン・軽油・灯油・水道の支払額 45,860 45,364 496 98.9%
集計期間:2018年4月~2019年3月