ミズノグリーングレードにおける環境影響の緩和

ミズノでは、全商品を環境配慮型商品とすることを目指し、ミズノ独自の環境配慮型商品認定基準である「ミズノグリーングレード」を2010年に構築し、商品を通じた環境影響の緩和を進めています。「ミズノグリーングレード」は、素材調達から廃棄までの製品ライフサイクル全体(素材調達、生産、輸送、販売、使用、廃棄)の環境配慮項目について点数評価し、獲得ポイント合計によりゴールドメダル、シルバーメダル、ブロンズメダルを認定する仕組みです。認定を受けるためには、各段階において一定以上のスコアを獲得する必要があります。

ミズノが独自の環境配慮型商品認定基準として「ミズノグリーングレード」を構築・導入した背景には、環境配慮型商品の開発と共に、ミズノ商品に係わる人々が一体となって環境配慮を追求する風土の醸成という狙いがありました。ミズノでは、シューズやウエアだけでなく、様々なスポーツ関連アクセサリーも製造しています。また、その製造には、ミズノの社員だけでなく、素材メーカーや取引先等、様々な人々が関わっています。販売数が多く影響が大きな商品はもちろんのこと、垣根なく全商品について環境への配慮を求め、またその商品の製造に携わる人々の努力を評価する仕組みを構築することで、各商品におけるイノベーションにつなげ、ミズノ全体としての環境影響削減につなげています。

ミズノグリーングレード 主な評価項目と認定商品例

主な評価項目

素材調達 環境負荷の少ない材料の選択
・再生プラスチック、オーガニックコットン、植物由来原料など
生産 材料使用量の削減
環境負荷の少ない生産技術
輸送・販売 包装資材の削減
輸送時のCO2削減
使用・廃棄 冷暖房の「省エネ」に貢献するウエア
寿命の延長になる耐久性」の向上
温暖化する環境でも快適な運動をサポート
その他 禁止物質の不使用

認定商品例:WAVE PROPHECY 7 NOVA

このランニングシューズは、ひまし油を原料とした素材をソールプレート部分に採用しています。この素材は、従来のプラスチックと比較して、製造段階で排出されるCO2を削減できるほか、プラスチックの製造に必要な石油を節約することができます。植物由来原料は、限りある資源である石油の使用量を減らし、焼却処分する際のCO2排出量を低減するなど、環境への負荷を減らすことができます。

素材調達

ひまし油を原料とした環境負荷の少ない材料を選択しています。

生産

廃材を抑制できる前加工製法を利用して部品を製造し、廃材を抑制するために部品金型(抜き型)を使用することで、材料使用量の削減に取り組んでいます。

輸送・販売

古紙でリサイクルしやすい材料の一足箱を使用しています。

使用・廃棄

耐摩耗性の高いラバーを使用して長く使えるようにしています。

ミズノグリーングレード売上比率

2017年度全商品の売り上げに占める環境配慮型商品の割合は91.9%となりました。(新商品については99.0%がミズノグリーングレード認定商品) 
今後も継続的に環境配慮型商品の開発、拡販に取り組んでいきます。

ミズノグリーングレード認定商品売上比率

ミズノグリーングレード認定商品売上比率と新商品に占める比率

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
売上比率(%) 76.2 81.3  83.2 91.7 91.9
新商品に占める比率(%) 96.2 99.4  99.2 98.3 99.0
※新商品に占める比率については、全て春夏展示会商品におけるデータ

企業ユニフォームの取り組み

ミズノでは、スポーツシーンで培った機能性を応用した企業ユニフォームを提供し、建設・製造・運輸業など、様々なワークシーンで快適な労働環境をサポートしています。近年の企業活動においては、従業員等の健康管理を経営的な視点で捉え、戦略的に実施する“健康経営”に取り組む企業が増えており、従業員のユニフォームにも安全性・快適性を重視する考えが広がっています。さらに、企業の環境配慮への取り組みを支援するため、企業ユニフォームには再生ポリエステル素材を採用、廃棄の際にはリサイクルすることで、環境負荷の低減に努めています。
2017年度は、再生ポリエステル由来の糸を50%以上原料に含む企業ユニフォームを10企業に対し68万枚供給しました。また、そのうち約7.3 トン分を新たにフェルト素材として自動車内装材などの再生品にリサイクルされました。

今後の課題

  • 2020年までにミズノグリーングレードに認定された環境配慮型商品の売上比率100%達成を目指し推進していきます。