スポーツを通じた健康寿命の延伸

  • 重要課題

日本を代表として、世界では高齢化が進行しており、平均寿命の延びと共に不健康な期間も伸びることが予想され、平均寿命を延ばすだけでなく、健康寿命(健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間)を延伸することが、一人ひとりの生活の質を保ち豊かな生活を送るためにも、また、医療費等の社会的負担を軽減するためにも重要となってきています。

安全で楽しく効果的な体力向上プログラムの開発・提供

ミズノでは、これまで培ってきたトレーニングに関する技術や知見を活かし、ミズノのモノ(製品)を活用した、自宅で出来る簡単エクササイズプログラムを開発しています。

【ボルレッチプログラム】

身体の悩み女性の第1位は「肩こり」です。肩の機能性にポイントをおき、筋力トレーニングの要素と動的ストレッチを組み合わせて、肩の可動域を広げるプログラムを行う事で、血行や眼精疲労の改善を目指しています。

【姿勢シャキーン】

座位姿勢における身体の左右差や体幹部位をよりよく動かす事にポイントをおき、胸部・腰部の体幹トレーニングと動的ストレッチを組み合わせた運動プログラムです。 運動終了後に体幹部位に力が入り、背筋が伸びたように感じられることを目指しています。

ボルレッチプログラム
姿勢シャキーン

健康寿命の延伸に向けた地域との協働

日本においては、各自治体で行う介護予防事業や特定保健指導該当者向け事業などに積極的に取り組み、運動施設に行くにはハードルが高いと考えているユーザーへの運動のきっかけづくりを行っています。教室ではグループワークなどの手法を取り入れ、参加者同士のコミュニティや運営する指定管理施設での運動継続など促しています。

群馬県沼田市との取り組み

沼田市は”歩いて健康になるまちづくり”をテーマに、「スマートウエルネスぬまた」という事業を実施しています。「スマートウエルネスぬまた」は、1日8,000歩と中強度の運動を20分することで健康を維持する、という群馬県中之条町での研究に基づき、活動量計を活用して市民の健康をサポートする事業です。ミズノは市内で運営しているテラス沼田内7Fのミズノウェルネス沼田を拠点に活動量計のデータの取り込みや結果に対してのフィードバック、またこの事業への参加者を増やすための沼田市主催のイベントへの協力を通じて、市民が健康になる取り組みに協働しています。

その他の取り組み:ミズノオリジナルライセンス:ミズノアクティブリーダーの普及

ミズノアクティブリーダーでは、シニアに関わるすべての人を対象に、運動する上での身体に関する基礎知識と運動プログラムを指導・実践するための研修を行っています。研修を通じ、実際に運動を行う際の注意点やシニアに必要な筋力トレーニングやストレッチ指導ができる技術を習得することができます。 NPOや体協・企業などがアクティブリーダーを取得し、施設や地域で指導者として運動指導をおこない、活躍の場を広げていただいています。

健康寿命の延伸に関するプログラムの実績

ウォーキング講習

(内容)

一人でも手軽に取り組める運動であるウォーキングの講習です。正しい姿勢、歩行、リハビリ体操、足指ストレッチ等、運動が苦手な高齢者でも参加できます。

(実績)

2019年度は38施設で開催し、2,801人が参加

ラララフィット

(内容)

ミズノのオリジナルツールを使い「できる」「楽しむ」「つづく」をコンセプトとした60歳からの健康運動プログラムです。運動器に特化し、「腰」「膝」「歩行」「バランス」の4つの強化を目指しています。

(実績)

2019年度は23施設で開催し、延べ17,684人が参加

ラララサーキット

(内容)

関節に優しい油圧式のトレーニング機器による無酸素運動と、リズムに合わせて行なう有酸素運動を組み合わせたサーキットトレーニングで、有酸素パートにはミズノのオリジナル運動ツールを使っています。

(実績)

2019年度は2施設で開催し、延べ6,028人が参加

姿勢シャキーン

(内容)

姿勢改善プログラムです。体幹のトレーニングを主とし、ミズノリジナルの運動ツールを使っています。

(実績)

2019年度は1,020人が参加

 

ウォーキング講習
ラララサーキット

その他の取り組み:行政とともに介護予防リーダーの育成

行政の要望に応え、行政とミズノが協働して、市民の方に対して、介護予防リーダーの養成を行っています。ミズノアクティブリーダーの要素を取り入れ、市民の方々に研修を行い、核となる施設でOJTも行います。育成したリーダーがそれぞれの地域で活躍できるまでのお手伝い・サポートを実施しています。

その他の取り組み:カラダ100年プロジェクト

スポーツ機器の製造・販売を行うセノーでは、「カラダ100年プロジェクト」を発足し、プロジェクト1として「100年歩けるカラダづくり」に向けて、プログラム・製品をパッケージ化した提案を開始しました。特徴ある製品として、姿勢を整えて自立歩行をサポートする「トランクソリューション」。歩きのバランス・速さ・リズムをレーダーチャート化する歩行モニタリングシステム「Q’sタグウォーク」で構成されています。また、トレッドミルをつかった簡単でわかりやすいウォーキングプログラム(動画)も誕生しています。

今後の課題

運動が苦手な方や自宅から外出しにくい環境にある方でも、気軽に自宅でも実施できるトレーニングプログラムの開発やツールを使う楽しさから運動へ誘引する運動プログラムを実施していきます。 また、ミズノアクティブリーダーの普及を促進し、誰もが運動を通したコミュニティをつくり、住まいの地域で毎日をより活動的に楽しめるカラダづくり・健康づくりをサポートしていきたいと考えています。