次世代を担う子どもたちの運動能力と体力の向上

  • 重要課題

世界的に、情報化社会の進展などにより、子どもの体力・運動能力は低下傾向が続いています。子どもの体力低下は、将来世代の健康状態に影響を及ぼすだけでなく、医療費の増加につながるなど、社会全体の活力に影響を及ぼすことが予想され、教育機関や家庭を含む社会全体での取り組みが望まれています。
日本では、子どもの体力・運動能力低下の背景として、1)手軽かつ安全に遊べる外遊びの場の減少、2)幼少期に身につけておくべき基本的な動きが発達していない、3)スポーツへの苦手意識、などが要因と考えられています。ミズノは、子どもの運動能力と体力の向上を目的とした独自の運動プログラムを開発し、展開を進めています。

ミズノ独自の運動プログラムの開発:ヘキサスロン

ミズノでは、運動が苦手な子どもでも楽しくスポーツの基本的な動作を習得できる運動あそびメニューと運動能力測定を組み合わせたプログラム「ヘキサスロン」を開発し、日本全国各地の自治体と協働し小学校を始めとした各種施設で提供しています。安全性と機能性を考慮したミズノオリジナルの用具を用い、各自の運動能力に合わせて「走る」、「跳ぶ」、「投げる」の基本動作を習得できるよう構成された「ヘキサスロン」を場所・プログラム・サービスのセットで提供することで、楽しく、かつ着実に子どもたちの体力・運動能力の向上につなげることが可能となっています。

ミズノ独自の運動プログラムの開発:その他

子どもの運動能力・体力の向上のためには、幼少期から身体を動かすことに慣れ親しみ、スポーツへの苦手意識を克服することが重要です。
ミズノでは、幼少期に身につけておくべき基本的な動きを短期集中で克服し、運動の楽しさを味わい、運動が好きな子どもを増やすことを目指し、スポーツに関する知識・経験豊かなミズノスタッフが講師となり「ミズノ・スポーツ塾」や「運動会必勝塾」などのプログラムを各地で開催しています。 また、3歳~5歳の子どもの親子対象に、その年代で覚えてほしい動きを入れ込んだ運動遊びプログラム「PLAY ! CIRCUS」を展開しています。「PLAY ! CIRCUS」は、サーカスの世界観で、サーカスの団員となり、団長やピエロと一緒に楽しむ60分のプログラムです。

子どもの運動能力・体力の向上に関するプログラムの実績

ヘキサスロン

(内容)

スポーツの基本的な動作を楽しく習得できるメニューと運動能力測定を組み合わせたプログラム

(実績)

日本:2019年度は6校が導入、120回開催し、4,000人が参加

ベトナム:「ミズノヘキサスロン運動プログラム」普及促進事業活動を実施。
ベトナム63第一級行政区(58の省と5つの中央直轄市)の126校の
小学校に順次導入
現地体育指導員向けワークショップ 5都市 5回開催 受講者 約300人

ミズノ流忍者学校

(内容)

幼少期の成長に必要な「走る」、「跳ぶ」、「投げる」などの36の基本動作を盛り込み、忍者の修行に見立てたストーリー型遊び運動プログラム

(実績)

2019年度は144回で開催し、延べ4,289人が参加

ミズノ・スポーツ塾

(内容)

マット運動・鉄棒・跳び箱などを取り入れた、運動が苦手な子どもたちのためのプログラム

(実績)

2019年度は985回開催し、8,093人が参加

運動会必勝塾

(内容)

運動会のリレーやかけっこで1等賞をとるためのレッスン体験型プログラム

(実績)

2019年度は26回開催し、380人が参加

 

ミズノ流忍者学校
ヘキサスロン
運動会必勝塾
ミズノ・スポーツ塾
PLAY ! CIRCUS

その他の取り組み:ベトナムでの「ミズノヘキサスロン運動プログラム」普及促進事業

ミズノは、2015 年からベトナムで「ミズノヘキサスロン運動プログラム」普及促進事業に取り組んできました。ベトナムの義務教育期間における体育の授業時間は、先進国に比べ非常に少なく、運動プログラムも画一的で、「走る」「跳ぶ」「投げる」などのスポーツの基本動作の要素が十分に考慮されていないことが課題でした。 2018年9月にベトナム教育訓練省と締結した「協力覚書」をベースに、「ミズノヘキサスロン」をベトナム全土へ波及させる仕組みを構築するため、ベトナム教育訓練省、ベトナム国立教育科学研究所と継続的な協議を実施しています。

2019年度は、63第一級行政区を対象としたワークショップを5都市で実施し、「ミズノヘキサスロン」に必要な用具を用いた日本型体育授業を正しく指導することができる約300人のエバンジェリスト(リーダー)を育成しました。今後も、ミズノは、ベトナム政府からの継続的なサポートを得ながら、新学習指導要領改訂と運用開始時期に沿って、「ミズノヘキサスロン」の実施に必要となる用具を納入する予定です。このような活動を通じて、ミズノは「誰ひとり取り残さない」というSDGsの理念に立ち、ベトナムの子ども達に「運動をすることの楽しさと体を動かすことの喜び」を広げるとともに「スポーツの力を活用して社会課題を解決するスポーツSDGs」の達成を目指し、本事業を推進していきます。

対ベトナム・初等義務教育・ミズノヘキサスロン運動プログラム導入普及促進事業
スポーツ庁長官感謝状受章
https://corp.mizuno.com/jp/newsrelease/2019/20191210.aspx

エバンジェリスト育成を目的に現地体育指導員向けワークショップ実施、研修後に修了証を授与 

ミズノオリジナルライセンス:“ミズノプレイリーダー”の普及

ミズノは、子どもがあそびの場でいきいきとあそべるよう環境をつくり、子どもを見守る人、「ミズノプレイリーダー」を育成しています。子どもに接する機会が多い企業、大学、行政、教育関係者に、プレイリーダーとしての基礎知識と実技を身につけていただき、運動あそびの基本的な内容を研修する活動を実施しています。この研修活動を社内外で普及させ、現時点で、全国各地に600人ほどのミズノプレイリーダーの輪が広がっています。子どもたちと全力で 向き合い、子どもたちが信頼をよせ、いざという時は、全力で守る。それがミズノプレイリーダーです。

ミズノプレイリーダー

その他の取り組み:2019年度スポーツ庁委託事業「子どもの運動習慣アップ支援事業」を受託

2019年度スポーツ庁委託事業「子どもの運動習慣アップ支援事業」を受託しました。本事業の目的は、幼児が運動あそびプログラムを通じて、楽しみながら多様な動きを体験し、運動・スポーツの習慣を自然に身につけることができる環境を整えることです。 日常的に子どもに接する機会が多い幼稚園教諭、保育士、保育教諭に対しプレイリーダーの育成を実践形式で行いました。センシング技術を利活用し、運動あそびのときの子どもの身体活動量及び身体活動の質の評価を目的にデータの収集と可視化を行いました。関西では、幼稚園、保育園、認定子ども園の合計8園で、5-6歳児合計241人が参加しました。ミズノ認定プレイリーダーが、各園の先生方に収集したデータを参考にしながら、プレイリードについてアドバイスし、課題の改善を図りました。

今後の課題

現代の子どもたちには、3つの間がないといわれています。遊ぶ「空間」、「仲間」、「時間」です。また、保護者から「子どもとの遊び方がわからない。」といった声も耳にします。 ミズノは、子どもがいきいきと遊べるように環境をつくり、またそれを見守る人として「ミズノプレイリーダー」の育成を行っています。プレイリーダーは、おもしろく夢中になる遊びや運動を届けて、子どもたちが主体となって子ども同士で遊べるように環境を作っています。このプレイリーダーを広く社内外で普及させ、運動あそびを通じて子どもたちの健全な「ココロ」と「カラダ」作りを支援したいと考えています。 併せて、今後はさらに、プレイリーダーが活躍する「場」の提供も創出していきたいと考えています。そのためには、プレイリーダーの普及に今後想定される課題を洗い出し、保護者への啓発・啓蒙活動も同時に実施し、プレイリーダーの認知をさらに拡大させていく必要があると感じています。 「プレイリーダー」という名前が世の中に広く認知され、プレイリーダーと言えば、もちろんミズノ!と言っていただけるように、運動あそびプログラムやイベントを通じて、浸透を図っていきます。