次世代を担う子どもたちの運動能力と体力の向上

  • 重要課題

世界的に、子どもの体力・運動能力は著しい低下傾向が続いており、ケガの増大や生活習慣病の増大にもつながることも懸念されています。子どもの体力低下は、将来世代の健康状態に影響を及ぼすだけでなく、医療費の増加につながるなど、社会全体の活力に影響を及ぼすことが予想され、教育機関や家庭を含む社会全体での取り組みが望まれています。
こうした子どもの体力・運動能力低下の背景として、1)手軽かつ安全に遊べる外遊びの場の減少、2)幼少期に身につけておくべき基本的な動きが発達していない、3)スポーツへの苦手意識、などの要因があります。ミズノは、子どもの運動能力と体力の向上を目的とした独自の運動プログラムを開発し、展開を進めています。

ミズノ独自の運動プログラムの開発:ヘキサスロン

ミズノでは、運動が苦手な子どもでも楽しくスポーツの基本的な動作を習得できる運動遊びメニューと運動能力測定を組み合わせたプログラム「ヘキサスロン」を開発し、日本全国各地の自治体と協働し小学校を始めとした各種施設で提供しています。安全性と機能性を考慮したミズノオリジナルの道具を用い、各自の運動能力に合わせて「走る」、「跳ぶ」、「投げる」の基本動作を習得できるよう構成された「ヘキサスロン」を場所・プログラム・サービスのセットで提供することで、楽しく、かつ着実に子どもたちの体力・運動能力の向上につなげることが可能となっています。
日本国内では、2017年度は新潟県、奈良県、香川県、広島県の小学校10校にプログラムを提供しました。その内、香川県まんのう町では、小学校1年生から4年生を対象として6校でプログラムを実施しました。実証実験では、ヘキサスロン用具を使った遊びプログラムの介入により、小学校1年生から3年生の男女共に、全てのスポーツテストの項目(走る・跳ぶ・投げる)で、介入後に統計的に有意な差が認められました。

ミズノ独自の運動プログラムの開発:その他

子どもの運動能力・体力の向上のためには、幼少期から身体を動かすことに慣れ親しみ、スポーツへの苦手意識を克服することが重要です。
ミズノでは、幼少期に身につけておくべき基本的な動きを短期集中で克服し、運動の楽しさを味わい、運動が好きな子どもを増やすことを目指し、スポーツに関する知識・経験豊かなミズノスタッフが講師となり「ミズノ・スポーツ塾」や「運動会必勝塾」などのプログラムを各地で開催しています。

子どもの運動能力・体力の向上に関するプログラムの実績

ヘキサスロン

(内容)

スポーツの基本的な動作を楽しく習得できるメニューと運動能力測定を組み合わせたプログラム

(実績)

2017年度は10校が導入、192回開催し、9,430名が参加

ベトナムでパイロット事業開始

ミズノ流忍者学校

(内容)

幼少期の成長に必要な「走る」、「跳ぶ」、「投げる」などの36の基本動作を盛り込み、忍者の修行に見立てたストーリー型遊び運動プログラム

(実績)

2017年度は22施設で開催し、延べ9,858名が参加

ミズノ・スポーツ塾

(内容)

マット運動・鉄棒・跳び箱などを取り入れた、運動が苦手な子どもたちのためのプログラム

(実績)

2017年度は1,508回開催し、14,043名が参加

運動会必勝塾

(内容)

運動会のリレーやかけっこで1等賞をとるためのレッスン体験型プログラム

(実績)

2017年度は14回開催し、424名が参加

 

ミズノ・スポーツ塾
ミズノ流忍者学校
ヘキサスロン

その他の取り組み:山梨県甲府市における事例

山梨県甲府市では、子どもの体力・運動能力の改善を促す活動として、甲府市と山梨大学、 ミズノをはじめ民間企業3社が連携して、子どもの遊びにおける身体活動の量と質をデータ化して実態を把握し、環境やプログラムの改善、新たなビジネス展開を目指した活動を2017年11月に実施しました。
本事業は、総務省の「IoTサービス創出支援事業」において「スマート運動教育モデル事業」として採択されました。ミズノが新しく開発した耳に装着するワイヤレス脈拍計「MiKuHa」をはじめ3種類のウエアラブル端末を使用しました。これら端末で、日常の遊びとミズノが提供した運動遊びでの子どもの活動量と運動の多様性を測りました。その結果、運動遊びの方が日常の遊びよりも活動量、動作の多様性が多く観察されました。今後は、官民一体となって子どもたちの体力や運動能力の向上にむけて活動していきます。

共同実施者の声

運動遊びを科学する~甲府市でのスマート運動教育モデル事業への取り組み~

甲府市 市長直轄組織 都市戦略室 都市戦略課
一ノ瀬喜彦さん 花輪圭太郎さん

文部科学省の全国体力・運動能力調査(全国体力テスト)によると、甲府市内の子どもの体力・運動能力は、全国平均を下回る結果が続いており、子どもの体力・運動能力の向上への対策が課題となっております。
そのため、甲府市は、市内の5・6歳児が遊ぶ様子を様々なウェアラブル端末により測定し、活動量や動作の多様性をデータ化することで、遊び環境による運動効果の違いの検証などを行う、山梨大学、ミズノ株式会社を含めた民間企業3社と連携したスマート運動教育モデル事業(以下、実証事業という。)に参加いたしました。 この実証事業を通じて、子どもの運動遊びに対する興味や関心を引き出す「プレイリーダー」の存在が、安全かつ、遊びに集中できる場を創出するとともに、活動量の増加や動作の多様性にも繋がることが観察され、課題解決に向けた施策の立案に資する成果を得ることができました。
2019年4月の中核市移行を予定する甲府市としては、中核市のもつ機能を最大限活かし「元気な甲府市」を目指して、「まちの元気」の源となる「健康づくり」に注力しています。
この度の実証事業の結果を踏まえながら、課題となっている子どもの体力・運動能力の向上への取組みを今後も展開するとともに、生涯にわたって運動を楽しみ、健康で豊かに生活できるまちづくりを目指していきたいと考えております。

甲府市における活動の様子

その他の取り組み:“あそりーとAFTER SCHOOL“

子どもの興味や関心を引き出す状況を作りながら、一緒に思いっきり遊び、好奇心を引き出す「プレイリーダー」を配置して、発達段階に応じた運動遊びプログラムを提供するミズノのスポーツ学童保育「あそりーと AFTER SCHOOL」を東京足立区のミズノスポーツプラザ千住内にオープンさせました。「あそりーと AFTER SCHOOL」では、運動遊びを通して、子どもの苦手意識の克服や一人ひとりの将来の可能性を広げ、夢や目標をかなえる力を育みます。

あそりーと AFTER SCHOOL

その他の取り組み:苦手の克服 逆上がり練習器

ミズノの子会社である、スポーツ機器の製造・販売を行うセノーでは、 これまで、小学生(及び小学校教員養成大学)向けの逆上がり練習器『くるっと』を販売、イベントなどでご紹介をしてきましたが、「小学校に上がる前に逆上がりを克服したい。」というご要望が多く、 幼稚園生でも使える『逆上がり練習器くるっと SSサイズ』と移動式低鉄棒を開発しました。
多くの子どもが逆上がりができないことで運動嫌いになる負のスパイラルを、この製品を体験してもらう ことで克服し、長くスポーツに親しんでもらえる取り組みを進めています。

逆上がり練習機SSサイズ、移動式低鉄棒

今後の課題

現代の子どもたちには、3つの間がないといわれています。
遊ぶ「空間」、「仲間」、「時間」です。
また、保護者も「子どもとの遊び方がわからない。」といった声も耳にします。
ミズノは、子どもがいきいきと遊べるように環境をつくり、またそれを見守る人として 「ミズノプレイリーダー」の育成を行っています。プレイリーダーは、おもしろく夢中になる遊びや運動を届けて、子どもたちが主体となって子ども同士で遊べるように環境を作っています。ミズノは、このプレイリーダーを広く社内外で普及させ、運動遊びを通じて子どもたちの健全な「ココロ」と「カラダ」作りを支援したいと考えています。