消費者関連専門家会議(ACAP)西日本支部大阪例会で、ミズノのSDGs・サステナビリティへの取り組みを紹介させて頂きました。

2020年8月25日(火)、公益社団法人 消費者関連専門家会議(ACAP)※ 西日本支部大阪例会で、登壇する機会をいただき、ミズノのSDGs・サステナビリティへの取り組みについて、ご紹介させていただきました。
※ミズノは、ACAPの正会員企業として活動に参画しています。

「社会課題の解決を起点とした新たなビジネスを創出し、SDGsを含めたサステナビリティへの貢献を目指して」をテーマに約1時間の講演となりました。特定したサステナビリティの重要課題に沿った、これまでのミズノグループの環境や社会に関する取り組み事例や、スポーツの力を活用したSDGsビジネスのロールモデルである、ベトナムでの「ミズノヘキサスロン普及促進事業」の活動内容をご説明させていただきました。

ACAPは、新型コロナウィルス感染症の影響を鑑み、例会の開催を検討されてきましたが、今回は会場とWEB配信での参加に分けた対応で、例会が実施されました。講演席の前方にはアクリル板が設置され、講師はマウスガード着用での講演となりました。