2018/07/18

 

より多くのゴルファーをカバーする充実のラインナップ

「Mizuno Pro 319」、「Mizuno Pro 719」アイアン発売

ミズノは、カスタム専用シリーズ「Mizuno Pro」の新製品「Mizuno Pro 319(ミズノプロ サンイチキュウ)」、「Mizuno Pro 719(ミズノプロ ナナイチキュウ)」を9月7日に全国のミズノゴルフカスタムフィッティングショップ(以下、MIZUNO GCF SHOP)約350店舗で発売します。

 

「Mizuno Pro」は、ミズノが開発したフィッティングシステムを通して販売する、最高品質を追求するシリーズで、2017年9月から販売を開始しています。

この度、新たに発売する「Mizuno Pro 319」は、上級者でありながら既に販売している「Mizuno Pro 118」よりもやさしく扱いやすいアイアンを求めるゴルファーに向けたハーフキャビティアイアンです。また、「Mizuno Pro 719」は『マイクロスロット構造』を採用し、打球部の裏側を薄肉化することによりミズノの軟鉄鍛造アイアン史上最高反発性能を持たせることに成功した、打感を楽しみつつ飛びを求める多くのゴルファーに使っていただけるアイアンです。

初年度販売目標は「Mizuno Pro 319」が36,000本、「Mizuno Pro 719」が51,000本です(発売から1年間)。

左から「Mizuno Pro 319」、「Mizuno Pro 719」

左から「Mizuno Pro 319」、「Mizuno Pro 719」
価格(アイアン1本):¥19,000+税(税込価格:¥20,520)から

■「Mizuno Pro アイアン」の特長

この度発売となる「Mizuno Proアイアン」の2機種は、いずれもギアにこだわるゴルファーが求める打感の良さを追求した軟鉄鍛造アイアンです。
「Mizuno Pro 319」、「Mizuno Pro 719」のヘッド部には、「Mizuno Pro 118」、「Mizuno Pro 518」と同じく、フェース部とネック部の一体成型を可能にするミズノ独自の鍛造製法『グレインフローフォージドHD※1』を採用し、打感の良さに影響する響きの長い打球音を実現。 また、より柔らかい打感を求め、ヘッド部のメッキの下地処理には硬度の低い銅を施した『銅下メッキ』を採用しています。
※1 HD=High Density(高密度)

1)打感の良さをもたらす“打球音”
ゴルファーが打感の良いと感じる時、打球音が大きく影響していることに注目し、アイアンの音を設計するミズノ独自の『ハーモニックインパクトテクノロジー※2』により、音の高さや大きさ、音色、響きの長さを追求しました。
※2 アイアンの打球音を数十ヘルツ単位でチューニングする設計手法

《グレインフローフォージドHD》
『グレインフローフォージドHD』はミズノ独自の特殊な製法により、打球部付近の鍛流線(金属組織の流れ)を密にしたことで、従来の鍛造製法と比べ打球音の響きが長く持続するようにしています。

鍛流線(金属組織の流れ)イメージ図

鍛流線(金属組織の流れ)イメージ図

《打球音の響きの長さの比較》

ヘッドの響き時kな測定比較(ミズノ調べ)

2)銅下メッキ加工でやわらかい打感を実現
ヘッド部のメッキ(表面処理部)の下地処理に硬度の低い銅メッキを組み込むことで、フェース面とボールの接触時間が長く感じられ、よりやわらかい打感を実現しています。

ヘッドの響き時kな測定比較(ミズノ調べ)

3)マイクロスロット構造で反発性能がアップ※3  「Mizuno Pro 719」に採用
打球部裏側付近の薄肉エリアを拡大するマイクロスロット構造により、反発性能をアップさせました。「Mizuno Pro 918」で採用していたT-スロット加工よりも、ソールの薄肉エリアの拡大を可能にしています。

ヘッドの響き時kな測定比較(ミズノ調べ)
  • また、マイクロスロット構造で掘削した余剰ウエイトをトウ側に多く配分し、重心位置をセンター付近に配置することにより、トウ側の打点でも当たり負けせず安定した弾道を生み出せます。

■NO.1フィッティングカンパニーへむけたマーケティングを加速

ミズノはNo.1フィッティングカンパニーを目指して、2001年から2017年7月まで累計約7万人のゴルファーにクラブフィッティングサービスを実施しました。2017年8月からさらにカスタムフィッティングに注力するためミズノが認定するフィッティング店を再編し、新たに「MIZUNO GCF SHOP」を全国約350店舗で展開。「シャフトオプティマイザー3D(スリーディー)」を導入し、リニューアルした「MIZUNO PERFORMANCE FITTING SYSTEM」によって、より短時間で、正確なフィッティングを可能にしました。この取り組みにより2017年8月から2018年5月末現在で、約77,000件の詳細なフィッティングデータを得ることができました。
今回の新製品の開発にあたっては、既に発売している「Mizuno Pro」シリーズの製品では網羅できない層のゴルファーに向けて、そのフィッティングデータが活かされています。今後もフィッティングを推進していく中で、このデータと連携した商品開発に注力していくことで、日本のゴルファーによりフィットした商品を提供していきます。

Mizuno Pro 319、719の詳細

商品名 「Mizuno Pro 319」アイアン
発売日 2018年9月7日
価格 1本 ¥19,000+税(税込価格¥20,520)から
※装着シャフトにより価格が変わります
本体素材 マイルドスチール(S25CM)精密鍛造/1025E
仕上げ ニッケルクロム銅下メッキ・サテン&ミラー仕上げ
原産国 日本
商品名 「Mizuno Pro 719」アイアン
【左用】も発売します
発売日 2018年9月7日
価格 1本 ¥19,000+税(税込価格¥20,520)から
※装着シャフトにより価格が変わります
本体素材 マイルドスチール(S25CM)精密鍛造/1025E
仕上げ ニッケルクロム銅下メッキ・サテン仕上げ、EFバッジ
原産国 日本

(お客様のお問合わせ先)
ミズノお客様相談センター TEL:0120-320-799