2018/08/20

 

“走り心地の良さ”をさらに追求

ランニングシューズ「WAVE RIDER 22」発売

ミズノは、柔らかさと走り心地の良さが特長のランニングシューズ「WAVE RIDER 22(ウエーブライダートゥエンティトゥー)」をミズノオンラインショップ、全国のミズノ品取扱店で9月20日に発売します。

「WAVE RIDER」シリーズはランニング初級者の方は勿論、スピードランナーのトレーニングシーンまで幅広く使用できるランニングシューズです。1997年のデビュー以来“走り心地の良さ”をコンセプトに進化を続け、グローバルでの累計販売数1000万足を超えるミズノのランニングシューズで最も人気のあるシリーズです。
今回発売する「WAVE RIDER 22」は、ソール(靴底)部の屈曲溝の数を増やし、よりスムーズで快適な走り心地を追求しています。
販売目標はグローバルでは87万足 、日本では8.5万足 です(発売から1年間)。

ランニングシューズ「WAVE RIDER 22」

ランニングシューズ「WAVE RIDER 22」
価格:¥12,900+税(税込価格:¥13,932)

■ランニングシューズ「WAVE RIDER 22」の特長

  • 1)『ミズノウエーブ』で走り心地の良さを追求
    1997年に発売した初代「WAVE RIDER」から、ソール部にミズノ独自の波形プレート『ミズノウエーブ』を挿入しています。これにより縦方向の衝撃を吸収し、横方向のズレには安定性を発揮することで、シューズに求められるクッション性と安定性を両立させています。
    「WAVE RIDER 20」から搭載している『ミズノウエーブ』には、中央部を凹ませた新形状を採用しています。これにより接地時の柔らかさや前方向へのスムーズな体重移動を実現しています。

  • ミズノウエーブ新形状『cloudwave』

  • 2)さらにスムーズでより滑らかな走り心地
    「WAVE RIDER 22」は、前回モデルのソール部全体に比べ、フレックスグルーブ(屈曲溝) の数を4本から7本に増やしました。地面へのより滑らかな着地から蹴り出しまでの屈曲性を高めることで、スムーズな体重移動を追求しています。

  • 3)着地時のやわらかさと衝撃吸収性が向上
    「WAVE RIDER 22」のミッドソール(アウトソールとインソールの間)の踵部に大小異なるパーフ(穴)を搭載しています。ランニングの着地時に、パーフ部がつぶれることで足への衝撃吸収性が向上し、よりやわらかい “走り心地の良さ”を追求しています。

4)『2重構造メッシュ』による高い通気性とフィット感を追求
足を包み込むアッパー部には、足の形状に合わせて編み方を変えたメッシュ材『エンジニアードメッシュ』を採用しています。高い通気性を実現しながらも、ランニングにサポートが必要な個所のメッシュを小さく編むことで、動的なサポート力を高めています。さらに、『エンジニアードメッシュ』の裏素材には、『ストレッチメッシュ』を採用することで、足当たりのよさと心地よいフィット感を追求しています。

▼ランニングシューズ「WAVE RIDER 22」ページ

https://www.mizuno.jp/running/waverider22/

(お客様のお問合わせ先)
ミズノお客様相談センター TEL:0120-320-799