2018/09/17

 

ベトナムで“日本型教育”を普及

ミズノ ヘキサスロン ベトナム初等義務教育への導入と定着に関する協力覚書締結に向けて合意

ミズノはベトナム社会主義共和国(以下、ベトナム)教育訓練省と、ベトナムの初等義務教育新学習指導要領に、ミズノが開発した子ども向け運動遊びプログラム「ヘキサスロン」※1の導入と定着に関する協力覚書締結に向けて合意しました。
※1 ミズノが開発した遊び感覚で「走る」「投げる」「跳ぶ」など基本的な動作を自然と身につけられる運動プログラム

協力覚書締結にむけた式典は、9 月 17 日にベトナム教育訓練省(ハノイ)にて行われ、ベトナム教育訓練省グェン・ティ・ギア副大臣とミズノ 水野明人代表取締役社長が合意しました。式典には、駐ベトナム日本国特命全権大使 梅田邦夫氏および独立行政法人日本貿易振興機構(以下、ジェトロ)ハノイ事務所 所長 北川浩伸氏が同席しました。

2019 年 9 月からの新学習指導要領施行にむけて、2018 年 9 月からベトナムの小学校※2に順次導入していきます。
※2 公立小学校は約15,000 校

ミズノはベトナムの全ての小学生に「運動をすることの楽しさと喜び」を提供し、ベトナム初等義務教育における体育授業の充実を図るとともにスポーツの発展に貢献していきます。

式典の様子
(右:ベトナム教育訓練省副大臣グェン・ティ・ギア氏)
(左:ミズノ代表取締役社長 水野明人)

〈ベトナム教育訓練省副大臣 Nguyen Thi Nghia(グェン・ティ・ギア)氏のコメント〉
「ミズノヘキサスロンは、小学生向けに、基礎的な動作の組み合わせや実施できる競技内容、そして指導方法などの面で優れた点が多く、小学生の基礎運動能力を最大限向上できると考えています。また、遊びの要素を併せ持ち、検証導入した小学校では、子ども達が遊び感覚で楽しく運動しています。
教育訓練省はベトナム小学校の体育教育に対するミズノのご配慮を心より感謝するとともに、このプログラムを確実に展開していくために体育教育局、教育科学院及び関係機関がミズノと密接に連携していくように指導していきます。
ミズノヘキサスロンが、ベトナムの小学生に実践的な利益をもたらし、小学校の体育教育及びスポーツ活動の質の向上に全面的に貢献していくことを切に願っています。」
※式典のスピーチ(ベトナム語)の一部を抜粋したもので、当社作成の参考訳です

〈駐ベトナム日本国特命全権大使 梅田邦夫氏のコメント〉
「今年 2018 年、日本とベトナムは、外交関係樹立 45 周年を迎え、170 以上の記念事業を実施しており、本日の式典もその一環で行っていただきました。日本とベトナムは、『広範な戦略的パートナーシップ』の旗印の下、あらゆる分野で関係が強化されています。
昨年のフック首相、また、今年のクアン国家主席が訪日された際、安倍総理との間で教育・スポーツ分野の協力を強化することに合意がありました。これらの日越首脳会議合意のフォロー・アップの一環として、ミズノにはベトナムの体育教育への協力、サッカーボール及びサッカーシューズの提供という具体的協力を実現いただきます。
今後、ヘキサスロン運動プログラムや提供されたサッカーボール及びサッカーシューズが広く活用され、ベトナムの子どもたちの運動能力が一層高められることを心より期待しています。」
※式典のスピーチの一部を抜粋したものです

〈日本国 スポーツ庁 長官 鈴木大地氏のコメント〉
「今後更なるスポーツの普及が見込まれるベトナムにおいて、日本で生まれた運動プログラムが導入されることを大変うれしく思います。本事業はスポーツ・フォー・トゥモローを象徴する素晴らしい活動です。今後、本プログラムを通して、ベトナムの子供たちの運動能力が向上し、また、多くの笑顔が広がることを期待しています。」

〈日本国 文部科学省 大臣官房国際課・国際戦略企画室長 寺島史朗氏のコメント〉
「本運動プログラムが、EDU-Portニッポンが進める日本型教育の海外展開に資する取組になることを期待しています。」

〈ジェトロ・知的財産・イノベーション部 貿易制度課 課長 河野敬氏のコメント〉
「ジェトロでは、ベトナムの子どもたちの健康づくりと質の高い教育の実現に向けたミズノ様の取り組みを支援して参りました。ベトナム各地で教員・児童向けのワークショップを重ね、データによる運動効果を検証・実証し、またステークホルダーとの対話を粘り強く行うといった地道なアプローチに敬意を表します。
この度、ベトナムの初等義務教育にミズノ様が開発した運動プログラムが導入されることは、日本企業によるスポーツ・ビジネスの海外展開にとっても大きな一歩となります。今後のさらなる取り組みの進展を願っております。」

〈ダナン市学園都市コンソーシアム・主宰 平井由紀子氏のコメント〉
「注目の集まるベトナムで日本の優れた教育システムが導入されることをうれしく思います。ベトナムの子どもたちに、より多くの笑顔がひろがることを期待しています。」

〈ミズノ 代表取締役社長 水野明人のコメント〉
「私たちミズノは、1906 年の創業以来、スポーツの価値を活用した商品やサービスを開発し、スポーツの力で世界中の人々を明るくすることに取り組んできました。
今回のミズノヘキサスロンの導入により、ベトナム全ての子供たちが心身ともに健全に成長するお手伝いをしていきたいと考えております。 より多くのベトナムの子供たちが、体を動かすことに喜びを感じ、心からの笑顔の花が咲くことを願っております。
ベトナム教育訓練省の方々はじめ日本政府のご支援、ご尽力いただいた全ての方々のご理解を得ながら本日を迎えることができました。この場をお借りして改めて御礼申し上げます。」
※式典のスピーチの一部を抜粋したものです

■ミズノ ヘキサスロン
ミズノ ヘキサスロンは、スポーツを体験したことがなく運動が苦手な子どもでも楽しく、遊び感覚で走る、跳ぶ、投げるなど基本的な動作を自然と身につけられる運動遊びメニューと運動能力測定を組み合わせた運動プログラムです。
最初に運動能力測定を行うことで、運動能力のレベルや得意な動作・不得意な動作を確認します。その後、基本的な動きの習得から様々なスポーツの動きにつながるよう段階を踏んで進められる運動遊びメニューを実践し、再び運動能力測定を行い前回からの成長を確認するという流れを繰り返します。
ミズノオリジナルの「エアロケット」「エアロディスク」「ソフトハンマー」「マルチハードル」を用い、「エアロケット投げ」「エアロディスク投げ」「ソフトハンマー投げ」「ハードル走」「25m 走」「立ち幅跳び」の 6 種目の走・跳・投について運動能力測定を行います。運動遊びメニューは、オリジナル用具を用いた遊び感覚でできるプログラムで構成しています。

〈ミズノ HP「ヘキサスロン」〉
https://www.mizuno.jp/facility/facility-event/hexathlon.aspx

■ベトナム初等義務教育の課題と締結合意に至る経緯
ベトナムの義務教育期間における体育の授業時間は先進国に比べ非常に少なく、運動プログラムも画一的で「走る」「投げる」「跳ぶ」などのスポーツの基本動作の要素が十分に考慮されていないことが課題でした。ミズノは 2015 年から活動を開始し、2017 年にはベトナム国立教育科学研究所と「ミズノ・ヘキサスロン運動プログラムの実証」に関する協力覚書を締結し、5 直轄都市(ハノイ・ハイフォン・ダナン・ホーチミン・カントー)で約 500 人の教育行政関係者や小学校教諭に対し、実証活動・人材育成を目的としたワークショップセミナーを実施してきました。

ワークショップセミナーの模様(2018 年 2 月)

■日本型教育の海外展開推進
ベトナムの初等義務教育における体育授業の充実を図る事業は、文部科学省が進めている 2016 年度文部科学省「日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Port ニッポン)」公認プロジェクト、ジェトロの 2017-2018年度「社会課題解決型ルール形成支援プロジェクト」及び日本政府が官民協働で推進するスポーツ・フォー・トゥモローの認定事業に選定、ダナン市学園都市コンソーシアムのサポートを受けて活動しています。

【文部科学省 日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Port ニッポン)】
文部科学省では、近年、諸外国の首脳等から、知・徳・体のバランスのとれた力を育むことを目指す初等中等教育などの「日本型教育」に強い関心が寄せられ、関係省庁・政府系機関、教育関連企業等から構成する「日本型教育の海外展開官民協働プラットフォーム」(EDU-Port ニッポン)を運営、海外展開モデルを形成することで、日本型教育の海外展開を推進しています。
https://www.eduport.mext.go.jp/html/programs/pilot.html

【ジェトロ「社会課題解決型ルール形成支援プロジェクト」】
ジェトロは、ルール形成を通じて現地の社会課題を解決すると共に、新たな市場創出を図る日本企業の支援を目的に、2018 年度の社会課題解決型ルール形成支援プロジェクトとして健康、安全・環境、安心・安全、防災・減災、質の高い教育分野の 8 案件を採択しています。
https://www.jetro.go.jp/news/releases/2018/21fa7bccf25fa951.html

【スポーツ・フォー・トゥモロー】
SPORT FOR TOMORROW(SFT)は、2020 年に行われる夏季オリンピック・パラリンピック競技大会を東京に招致する際、IOC 総会において安倍晋三首相が発表したことをきっかけに始まった日本政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業です。2014 年から 2020 年までの 7 年間で、開発途上国をはじめとする 100 カ 国・1000 万人以上を対象としたあらゆる世代の人々にスポーツの価値を広げていく取組みです。
https://www.sport4tomorrow.jp/jp/

【ダナン市学園都市コンソーシアム】
ダナン市学園都市コンソーシアムとはベトナム・ダナンを拠点とし、日越で協力し、日本の教育を世界に向けて普及し、産業として「輸出」することを目的に活動しているコンソーシアムです。
https://danang-ed-consortium.wixsite.com/danang-ed-con

〈参考情報〉
ミズノニュースリリース(2017 年 11 月 1 日)
ジ ェ ト ロ 2017 年 度 「 社 会 課 題 解 決 型 ル ー ル 形 成 支 援 プ ロ ジ ェ ク ト 」 に 採 択 に つ い て https://corp.mizuno.com/jp/newsrelease/2017/20171101/

ミズノニュースリリース(2018 年 6 月 5 日)
ジ ェ ト ロ 2018 年 度 「 社 会 課 題 解 決 型 ル ー ル 形 成 支 援 プ ロ ジ ェ ク ト 」 に 採 択 に つ い て
https://corp.mizuno.com/jp/newsrelease/2018/20180605

ミズノニュースリリース(2016 年 11 月 30 日)
文部科学省「日本型教育の海外展開事業」(EDU-Port ニッポン)パイロット事業に採択について
https://media.mizuno.com/~/media/Files/com/newsrelease/jp/2016/20161130b.pdf

(お客様のお問合わせ先)
ミズノお客様相談センター TEL:0120-320-799