2018/10/29

 

スキー日本代表“SNOW JAPAN”が着用
2018-19シーズンのオフィシャルウエア完成

ミズノは、2018-19シーズンより、公益財団法人全日本スキー連盟との新たなオフィシャルユニフォームサプライヤー契約に基づき、これまでの競技ウエアのサプライだけでなく、Division.1(ジャンプ、ノルディックコンバインド、クロスカントリー)の強化指定選手が使用するアウターウエアも新たにサプライします。

スキー・スノーボード競技は、試合会場によって天候や気温の変化が大きく、試合前の体温管理やウォーミングアップが難しい種目です。そこでミズノは、動きやすさを追求したウエアや体温調整に優れたウエア、撥水性が高いウエアなど機能性が異なる、アウター6種類、パンツ3種類を提供します。どのような状況でも、選手がベストなパフォーマンスを発揮できるように、“SNOW JAPAN”をサポートしていきます。

強化指定選手の葛西紀明選手(土屋ホームスキー部)、髙梨沙羅選手(クラレ)、渡部暁斗選手(北野建設スキークラブ)、石田正子選手(JR北海道スキー部)などが国際大会で着用します。また、“SNOW JAPAN”が着用するオフィシャルウエアのベースモデルを、2019年6月から全国のミズノ品取扱店で順次販売します。

“SNOW JAPAN”オフィシャルウエア(スキージャケット、パンツ)

<アウターウエア一覧>

  • スキージャケット、パンツ

  • レインパーカー、パンツ

  • ウインタートレーニングウエア、パンツ

  • ウインタートレーニングベスト

  • ミドルダウンジャケット

  • ポンチョ

(お客様のお問合わせ先)
ミズノお客様相談センター TEL: 0120-320-799