2018/11/20

より速く、より見える

競泳用ゴーグル「GX・SONIC EYE J」デビュー

ミズノは、競泳用ゴーグル「GX・SONIC EYE J(ジーエックス ソニック アイ ジェイ)」を、全国のミズノスイム品取扱店で2019年1月11日から順次販売します。

「GX・SONIC EYE J」は、レンズ部の側面を滑らかなカーブ形状にすることで水の抵抗を約15%低減(株式会社西日本流体技研調べ)し、前方・側面の視界を拡大した新しい構造の競泳用ノンクッションゴーグルです。競泳女子日本代表の池江璃花子選手(ルネサンス所属)が1月の大会から使用予定です。

「GX・SONIC EYE J」の販売目標は、20,000個(発売から1年間)です。

<池江 璃花子選手>
「ゴーグルをつけて泳いだとき、視野が広がり自分がこんなにも周りを見ながら泳いでいるのだ、と初めて実感しました。このゴーグルをつけて、日ごろの練習成果を存分に発揮していきたいと思います。」

池江 璃花子選手(ルネサンス所属)

「GX・SONIC EYE J」の特長

■新開発カーブ形状レンズにより “より速く” “より見える”ゴーグル
「GX・SONIC EYE J」は、従来品(GX・SONIC EYE)よりレンズ部の側面の段差をなくし、滑らかなカーブ状にすることで、水が流れやすくなり、水の抵抗が約15%低減しました。

  • カーブ形状にすることにより、ゴーグルのレンズ面が拡大し、前方・側面視界が拡大しました。その結果、水泳時フラットな姿勢を保ちながら、周囲の選手のポジションを確認しやすくなりました。

  • GX・SONIC EYE Jと従来品のレンズ面 比較図

■3Dスキャナーから生み出されたフィット感の追求
顔形状を立体的に採寸できる3Dスキャナーを用いて、ゴーグル着用時の形状変化を数値化し、ゴーグルと肌の圧力分布がより均等になる形状を採用しています。その結果、飛込時の衝撃によりゴーグルの中に水が入る心配や、装着時の違和感などを緩和し、より泳ぎに集中するためのフィット感を追求しました。

商品名 GX・SONIC EYE J
品番 N3JE9000/N3JE9001
価格 N3JE9000:2,700円(税込み2,916円)
N3JE9001:3,700円(税込み3,996円)
カラー N3JE9000:スモーク(ネイビー)/ブルー(ブラック)/アクアブルー(ブルー)/スモーク(マゼンタ)
N3JE9001:スモーク×ブルーミラー(ネイビー)/ブルー×シルバーミラー(ブラック)/アクアブルー×ルビーミラー(ブルー)/スモーク×シャドーミラー(マゼンタ)
※( )はベルトカラー
サイズ 鼻ベルト:XS/S/M/L/XL交換式
素材 ベルト:スチレン系エラストマー(ツインベルト仕様)
アイカップ:ポリカーボネート曇り止め加工
原産国 日本製
発売日 2019年1月11日
販売数 20,000個(発売から1年間)

▼「GX・SONIC EYE J」の商品詳細はこちらです
https://www.mizuno.jp/swim/product/flat_swim/gx4

(お客様のお問合わせ先)
ミズノお客様相談センター TEL: 0120-320-799