2019/08/19

 

~NO.1フィッティングカンパニーへ向けて~
ゴルフ カスタムオーダー専用クラブ
「Mizuno Pro 920」「Mizuno Pro 520」「Mizuno Pro 120」発売

ミズノは、カスタムオーダー専用クラブ「Mizuno Pro(ミズノプロ)」アイアンの新製品「Mizuno Pro 920(ミズノプロ キューニーマル)」、「Mizuno Pro 520(ミズノプロ ゴーニーマル)」、「Mizuno Pro 120(ミズノプロ イチニーマル)」を9月20日に全国のミズノゴルフカスタムフィッティングショップ(以下、MIZUNO GCF SHOP)約360店舗で発売します。

国内のゴルフ市場は、縮小傾向にある一方でアイアン市場におけるカスタムフィッティングクラブの販売数量構成比は年々拡大傾向※1 にあります。
ミズノは、ゴルファーに最適なクラブを提供するため2017年9月にチャネル・販売戦略を見直し、カスタマーロイヤルティを向上させる“フィッティング”をキーとしたビジネスモデルを強化しています。NO.1フィッティングカンパニーを目指し、2001年から累計約29万人のゴルファーにクラブフィッティングサービスを実施してきました。
※1 カスタムフィッティングクラブ販売数量構成比:2016 年 9.9%、2017 年 11.2%(矢野経済研究所 2018 年版ゴルフ産業白書より)

今回発売する3機種はヘッドサイズやスイートエリアの異なるモデルで、ゴルフの技量に問わず幅広いゴルファーに対応します。アベレージゴルファー向けの「Mizuno Pro 920」は、「Mizuno Pro」鍛造アイアン史上最大のスイートエリアをもち、やさしさと飛びを追求したアイアンです。 3機種の初年度販売目標は18,000セットです。 (発売から1年間)。

左から「Mizuno Pro 120」、「Mizuno Pro 520」「Mizuno Pro 920」
本体価格 Mizuno Pro 920:¥19,000+税(税込価格:¥20,520)※税率8%

■ミズノゴルフの事業方針

ミズノはNO.1フィッティングカンパニーを目指して、2001年から累計29万人のゴルファーにクラブフィッティングサービスを実施してきました。2017年8月からは、カスタムフィッティングに注力するためミズノが認定するフィッティング店を再編し、「MIZUNO GCF SHOP」を全国約360店舗で展開しています。「MIZUNO GCF SHOP」では、より短時間で、正確なフィッティングを可能にするフィッティングツール「シャフトオプティマイザー3D(スリーディー)」を導入し、2017年8月から2019年7月末現在で、約22万件の詳細なフィッティングデータを得ることができました。

2019年度の事業方針としては「スクール事業・直販ビジネスの強化」、「カスタムフィッティングの強化」、「Mizuno Proブランドの価値向上」の3つを軸としています。 特に「スクール事業・直販ビジネスの強化」については、6月に名古屋でレッスンやクラブフィッティングサービスを提供する直営店舗「ミズノゴルフスタジオ新栄町」「ミズノゴルフスタジオ大曽根」をオープンしました。2019年度中に全国主要都市(東京、横浜、大阪、京都、神戸、福岡)に直営店舗の新規開設を計画しています。

《ミズノパフォーマンスフィッティングシステム》

「シャフトオプティマイザー3D」で測定したスイングの特徴を示す9つの要素を基に、それぞれの人に合ったシャフトの重さや硬さ、ライ角、ヘッド形状を導き出すシステムです。
URL:https://www.mizuno.jp/golf/fitting.aspx

《シャフトオプティマイザー3D》

ミズノが開発したスイングタイプを科学的に解析する専用測定器です。スイングを構成する9要素を3球の試打で測定することができ、専用アプリケーションと即時にデータ連動しタブレットに解析結果が表示されます。
URL:https://www.mizuno.jp/golf/fitting/menu/club.aspx

■「Mizuno Pro アイアン」の特長

今回発売する「Mizuno Proアイアン」は、ギアにこだわるゴルファーが求める打感の良さを追求した軟鉄鍛造アイアンです。
ヘッド部には、アイアンの音を設計するミズノ独自の『ハーモニックインパクトテクノロジー』とフェース部とネック部の一体成型を可能にするミズノ独自の鍛造製法『グレインフローフォージドHD※2』を採用し、打感の良さに影響する音の高さや大きさ、音色、響きの長い打球音を追求しています。
また、より柔らかい打感を求め、ヘッド部のメッキ(表面処理部)の下地処理には硬度の低い銅を施した『銅下メッキ』を採用しています。
ヘッド部の形状は「YORO JAPAN」のクラフトマンが監修し、弾道がイメージしやすいシャープな形状を採用しています。
※2 HD=High Density(高密度)

1)ハーモニックインパクトテクノロジー

打球音が打感の良さに影響していることに注目し、アイアンの音を設計するミズノ独自の『ハーモニックインパクトテクノロジー※3』により、打感の良さに影響する音の高さや大きさ、音色を追求しています。
※3 アイアンの打球音を数十ヘルツ単位でチューニングする設計手法

2)グレインフローフォージドHD

『グレインフローフォージドHD』はミズノ独自の特殊な製法により、打球部付近の鍛流線(金属組織の流れ)を密にすることで、従来の鍛造製法で作られたアイアンと比べインパクト時の響きの長い打球音※4を追求しています。
※4 金属組織が密になると金属組織の振動時間が長くなります

《鍛流線(金属組織の流れ)イメージ図》

  • グレインフローフォージドHD製法

  • 従来のグレインフローフォージド製法

《打球音の響きの長さの比較》

3)銅下メッキ加工

  • ヘッド部のメッキ(表面処理部)の下地処理に硬度の低い銅メッキを組み込むことで、フェース面とボールの接触時間が長く感じられ、よりやわらかい打感を追求しています。

■「Mizuno Pro 920」の特長

  • 《ダブルポケットキャビティ構造》
    ヘッド部のバックフェース下部を二段加工で重量を除去することにより、キャビティ周辺の重量配分を増やし、慣性モーメント>sup>※5を高めることで「Mizuno Pro」鍛造アイアン史上最大のスイートエリアの広さとなりました。
    ※5 一般的に慣性モーメントが高くなると反発エリアが拡大します

《軟鉄ボロン鋼》
フェース部にボロン鋼を添加し、鍛造時に急冷することで、フェース部の強度がボロン鋼無しのアイアンと比べ、約30%アップしました。その結果、反発性能を高め「Mizuno Pro」鍛造アイアン史上最高の飛距離性能を追求しています。

■ミズノ契約プロのコメント ※個人の感想です。

《原 英莉花プロ(Mizuno Pro 920実打時のコメント)》
「大きめのヘッドですが、打感が良くてしっかり音がする。さらに抜けも良くて球も上がって最高のクラブです。ミズノなのに、やさしいクラブだと思います。」

《吉本 ひかるプロ(Mizuno Pro 520実打時のコメント)》
「めちゃくちゃいいです。出球が思ったところに出やすく、振りやすいです。前作よりも性能的にやさしくなっていると思います。」

《武藤 俊憲プロ(Mizuno Pro 120実打時のコメント)》
「ミズノって感じの打感です。ボールもコントロールしやすく、しっかりスピンが入って十分な弾道の高さが出て、打って心地の良いマッスルバックだと思います。」

同時に「Mizuno Pro FLI-HI(ミズノプロ フライハイ)」も発売します。

商品名 「Mizuno Pro 920」アイアン
発売日 2019年9月20日
価格 1本 ¥19,000+税(税込価格¥20,520)から
※装着シャフトにより価格が変わります
本体素材 マイルドスチール(S25CM)ボロン鋼精密鍛造/1025BORON
仕上げ ニッケルクロム銅下メッキ・ミラー&サテン仕上げ
原産国 日本
商品名 「Mizuno Pro 520」アイアン 
発売日 2019年9月20日
価格 1本 ¥19,000+税(税込価格¥20,520)から
※装着シャフトにより価格が変わります
本体素材 マイルドスチール(S25CM)精密鍛造/ 1025E
仕上げ ニッケルクロム銅下メッキ・ミラー&サテン仕上げ
原産国 日本
商品名 「Mizuno Pro 120」アイアン
発売日 2019年9月20日
価格 1本 ¥19,000+税(税込価格¥20,520)から
※装着シャフトにより価格が変わります
本体素材 マイルドスチール(S25CM)精密鍛造/1025E
仕上げ ニッケルクロム銅下メッキ・サテン&ミラー仕上げ
原産国 日本
商品名 「Mizuno Pro FLI HI」アイアン
発売日 2019年9月20日
価格 1本 ¥23,000+税(税込価格¥25,920)から
※装着シャフトにより価格が変わります
本体素材 ソフトステンレススチール(SUS431)精密鋳造
仕上げ ニッケルクロム銅下メッキ・ミラー&サテン仕上げ
原産国 日本

注)税込み価格は税率8%で計算しています

製品情報URL:https://www.mizuno.jp/golf/mizunopro/

(お客様のお問合わせ先)
ミズノお客様相談センター TEL: 0120-320-799