2019/10/04

 

いちばん寒い日に着る1枚

ミズノ「ブレスサーモアンダーウエア」新発売

ミズノは、吸湿発熱素材「ブレスサーモ」を使用した「ブレスサーモアンダーウエア」シリーズを9月から順次全国のミズノ品取扱店で販売しています。

ミズノ「ブレスサーモ」は、1993年に開発されたミズノ独自の基幹素材で、人体から発生する水分(不感蒸泄(ふかんじょうせつ))を吸収し発熱する、快適な保温素材です。1994年にスキー日本代表公式ウエアに採用されるなど、開発から26年以上にわたり競技者のパフォーマンスをサポートしてきました。1997年からは「ブレスサーモ」を使用したアンダーウエアも販売しています。

今回発売した、新発売の「ブレスサーモアンダーウエアEX(イーエックス)プラス」はブレスサーモアンダーウエア史上最高の発熱力※1で、雪山登山や厳しい寒さの中での屋外作業シーンにおける快適性を追求しています。また「ブレスサーモアンダーウエアプラス」は、非常に細いマイクロアクリル糸を採用することで、普段使いしやすいやわらかな肌触りと着心地を追求しています。
※1 ブレスサーモアンダーウエア史上最高量のブレスサーモ原綿を使用

販売目標は25万点(発売から1年間)です。

左:ブレスサーモアンダーウエアEXプラス クルーネック長袖シャツ(ブラック)¥7,150(本体価格¥6,500)
右:ブレスサーモアンダーウエアプラス ラウンドネック長袖シャツ(グレージュ)¥3,850(本体価格¥3,500)

「ブレスサーモアンダーウエア」について

■温かさの仕組み

  • 人間の体は、たとえ汗をかいていなくても、不感蒸泄(ふかんじょうせつ)と呼ばれる水分を常に発しています。「ブレスサーモ」は、その水分が繊維内に吸湿されることで発生した熱により温かい状態を保ちながら、衣服内をドライにし、快適性を高めます。

■温かさが続く理由

「ブレスサーモ」は、生地自体が発熱することに加えて、ふくらみのある生地を採用しています。その結果、温かい空気が外に逃げる量を抑制し、高い発熱持続性と保温性能を実現しています。

■使用シーンにあわせたラインナップ

スポーツシーンにおけるパフォーマンスアップや日常生活での体調管理など、使用するシーンに適した温かさと快適性を追求しています。

アクティブなシーンでおすすめ
■ブレスサーモアンダーウエアEXプラス
■ブレスサーモアンダーウエアEX
日常生活でおすすめ
■ブレスサーモアンダーウエアプラス
■ブレスサーモアンダーウエア
ウィンタースポーツや釣り・バイク、工事現場など、冬の厳しい寒さの中でも高い発熱力で快適性を追求しています。 通勤・通学・スポーツ観戦などの屋外から、乾燥が気になる冬の室内など、普段使いできるアンダーウエアとして、薄手でやわらかな肌触りと着心地を追求しています。

<スキージャンプ 葛西紀明選手(土屋ホーム)のコメント>

寒いと体が動かなくなるので、日ごろのトレーニングやウォーミングアップ、試合の時も常に体をあたためるように心がけています。ミズノのブレスサーモは、パフォーマンスにもすごくいい影響をもたらしてくれる「ここぞ」という時に力をくれる存在です。

<ブレスサーモアンダーウエアシリーズ>
http://www.breaththermo.com/itemsol/

(お客様のお問合わせ先)
ミズノお客様相談センター TEL: 0120-320-799