ニュースリリース NEWS

2021/03/22

今後もミズノファミリーとして活動を共に

中村憲剛氏と新たにミズノブランドアンバサダー契約を締結

ミズノは、サッカー日本代表としても活躍した中村憲剛(なかむらけんご)氏と、新たにミズノブランドアンバサダー契約を締結しました。
この契約により、中村氏にはこれからもサッカー品に関する改良や開発に対するアドバイスをもらうと共に、“感謝、感激、感動”をテーマに、社会とミズノをつなぐ様々な活動にも協力いただきます。

中村憲剛氏

■中村憲剛氏コメント

「この度ミズノさんと新たにブランドアンバサダー契約の締結をさせていただきます。選手を引退しても、引き続きブランドアンバサダーとしてミズノさんに貢献できる機会を与えていただき大変光栄ですし、嬉しく思います。僕は、選手として17年間ミズノさんにお世話になりました。その間、本当に多くの経験をさせていただきました。その経験を、日々成長するために全力でサッカーに取り組んでいる子供たちや学生のみなさん、現役の選手たちへ還元し、サポートをしていけたらと思っています。これからミズノさんを愛する幅広い年齢層のサッカーファンのみなさん、スポーツが大好きなみなさんへ向けて、ミズノさんと新たな活動を共にできること、今からわくわく楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いします。」

■中村憲剛氏とミズノのこれまでの歩み

中村氏は、2004年にミズノとアンバサダー契約を開始し、約17年間、サッカーシューズ「モレリア」を履き続けていただきました。モレリアは1985年にデビューして以来、“軽量・柔軟・素足感覚”という変わらないコンセプトの基、長年多くのプレーヤーを支えてきたミズノフットボールを象徴するモデルです。中村氏には、モレリアを象徴するプレーヤーとして、PR活動への協力だけでなく、サッカー品に関する改良や開発へのアドバイスもいただきました。

モレリア35周年を機に発売した「MORELIA Ⅱ JAPAN」(2020年1月発売)では、2017年からモレリア改良のためのヒアリングを開始。「モレリアには何の不満もない。でも強いて言うなら、試合ですぐに履けるものと、少し練習で履き慣らしてから試合で履くものがある。」(中村氏)
この言葉をヒントに、更にフィッティングの良さを追求し、初代モレリア発売から30年以上変えていなかった“ラスト(木型)”をリニューアルします。他にもアッパーのパーツや設計を見直すなど、モレリアのさらなる進化につなげました。また、中村氏は2018年シーズンから、このアップデートされた「MORELIA Ⅱ JAPAN」のプロトタイプを履いてプレーし、リーグ戦連覇を達成しました。
中村氏とミズノはお互いにサポートし合いながら、ともに最高のモレリアを追求し、シューズ開発を行ってきました。

「MORELIA Ⅱ JAPAN(モレリアツージャパン)」

【中村 憲剛(なかむらけんご)氏について】

生年月日 1980年10月31日
出身 東京都
経歴 都立久留米高校~中央大学~川崎フロンターレ(2003年~2020年)
2006年日本代表デビュー、2010年南アフリカW杯出場、国際Aマッチ68試合出場6得点。
2017年、2018年、2020年にJリーグ優勝。
2005~2019年まで、15年連続Jリーグ優秀選手賞受賞。
Jリーグベストイレブン8回選出、2016年歴代最年長36歳でJリーグ最優秀選手賞受賞。

(お客様のお問合わせ先)
ミズノお客様相談センター TEL: 0120-320-799