関わるすべての人が安心できる人権と安全衛生を確保したサプライチェーン

1906年の創業以来、私たちが常に大切にしてきた価値観の一つがフェアプレー。

私たちの製品は世界各国で生産を支える人たちによって、生み出されています。その人たちの人権や安全衛生に問題があっては、私たちのモノづくりは成立しません。私たちは、2004年からサプライチェーン上の仕入先やOEM工場等における人々の人権や安全衛生を含む労働状況や、社会への配慮に問題がないかを確認するため、工場の現地でCSR監査を継続的に実施してきました。

改善すべき重大な問題が見つかった場合には、ミズノのモノづくりに関わる人たちが安心できる労働環境となるように仕入先や工場に働きかけます。

今後もフェアプレーの精神にのっとり、全ての人々が笑顔で輝ける労働環境の維持のため活動を続けます。

サステナビリティレポート