スポーツの楽しさ・価値をより多くの人たちにスポーツ用義足板バネ開発

私たちは、総合福祉機器メーカーである今仙技術研究所(岐阜県・日本)と共同で、スポーツ用義足の板バネ開発に取り組んでいます。スポーツ用義足の板バネは着用される選手の障がいの種類や程度、パフォーマンスにより様々なフィッティングが必要です。

野球やゴルフなどの用具開発で長年培ってきたカーボン加工技術やその他様々な競技スポーツのノウハウを駆使して、パラアスリートがより高いパフォーマンスを出せるよう開発を進めています。

開発された板バネは、日本の女子トップパラ陸上選手である髙桑早生選手(NTT東日本、義足T64クラス100m、200mおよび走り幅跳び)が使用しています。

私たちが持つ独自の技術と、志をともにする私たちのパートナーの力を融合させ、スポーツを愛する全ての人を支え、一歩先に進みたい人々の想いを実現することに貢献します。

サステナビリティレポート