水の効率的な利用

水資源は、事業活動に不可欠であるだけでなく、地域コミュニティの生活や食糧生産、また、生物多様性の維持にも不可欠です。スポーツ品の製造においては、原料生産や生産過程において、水資源へ大きな影響を及ぼします。ミズノは、水の使用がより少ない製造技術の採用など、水使用削減のための取り組みを進めています。

製造拠点においては下水や一般河川への排出水に関し一層の注意を期し、浄化槽や水質管理など法律の遵守を徹底し、水資源の循環活用に取り組んでいます。

水源別取水量[*b]

単位 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
水道や水道施設 千m³ 38.3 38.4 36.5 35.6 28.5
地下水 千m³ 8.4 9.1 9.8 8.1 7.5
総取水量 千m³ 46.7 47.5 46.3 43.7 36.0
グラフ:水源別取水量

排水量[*b]

単位 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
総排水量 千m³ 46.7 47.5 46.3 43.7 36.0

サプライチェーンにおける水資源への取り組み

サプライチェーンがグローバルに拡大する中、生産国における水質汚染への対応も重要な課題です。ミズノはCSR調達監査の中で、サプライヤーが廃水を適切に管理できているか、従業員が安全に水を使用できているかを確認しています。

今後の課題

  • グローバル全体での水の使用量や水影響の把握を進めていきます。
  • 生産国や生産地域における水リスクの把握に努めます。