重要課題のマネジメントアプローチ

なぜ重要か(重要性の理由)

「ええもんつくんなはれや」。創業者 水野利八のこの言葉を大切にしてきたミズノは、安全で優良な製品を製造・販売することが重要だと考えています。製品の安全性・品質の欠陥はお客さまからの信頼にも影響します。お客さまが当社製品を正しく安全に使用できるような情報を提供するとともに、お客さまからの「声」を製品の改善に生かす取り組みを継続することで、より良い製品の提供に努めていきます。

マネジメント方針

ミズノ品質方針

ミズノは経営理念に基づき「ミズノ品質方針」を定めています。全ての従業員はこのミズノ品質方針を遵守し、安全で優良な製品・サービスの提供に取り組んでいます。

ミズノ品質方針

ミズノ株式会社およびミズノグループ各社は、顧客の信頼と満足を得るために、優良な製品とサービスを提供すること、正確な情報を発信すること、また、顧客の「声」を謙虚に聞くことを基本姿勢とし、以下の取り組みを継続的に推進することを約束します。

  1. 顧客に満足してもらえる魅力ある高品質な製品・サービスを提供する。
  2. 安全で適正な品質の商品提供と、その維持・向上に努める。
  3. 社内外のルールに従って正確な品質情報を提供する。
  4. 顧客の「声」を謙虚に受け止め、製品・サービスの品質向上に反映させる。
  5. 関連する法令・規制・社内規程を遵守し、社会的要求を尊重する。
  6. 品質保証体制を定期的に見直し、継続的改善を図る。

品質に関する重要な方針や施策については、品質保証担当役員を議長とする品質保証会議で審議、決定されます。品質保証会議は6カ月に1回定期的に開催しています。また、製造を担う「グローバルフットウエアプロダクト本部」「グローバルアパレルプロダクト本部」「グローバルイクイップメントプロダクト部」という3つのプロダクト部門、およびミズノグループである「ミズノテクニクス株式会社」「セノーグループ」のそれぞれでQC会議(QC: Quality Control =品質管理)など品質に関する会議を定期的に開催し、品質管理状況の確認および不良品の再発防止策の検討と徹底を行っています。さらに、品質を確実なものにするため、品質保証室は全従業員を対象にした品質教育を数多く行っています。

持続可能な材料調達方針

ミズノの掲げる価値創造ストーリーでは3つの枠組みとして「ミズノの強み」、「ミズノのビジネス領域」および「ミズノの提供する社会的価値」を設けています。「ミズノの提供する社会的価値」は、ステークホルダーの期待に対応するCSRから、その期待を超える新たな事業展開を通じたサステナビリティとSDGsへの貢献にチャレンジするものです。

このなかで「安全で高品質な製品への責任」、「責任ある事業慣行」とともに上げている、「人権に配慮した責任ある調達」および「ライフサイクルを通じた地球環境問題への責任」の具体的な方針を「持続可能な材料調達方針」として定め、社内においては材料ごとのガイドラインを設け製品作りに生かして行きます。このガイドラインは必要に応じて見直しながら、「ミズノの提供する社会的価値」を高めるモノ作りに貢献していきます。

持続可能な材料調達方針

当社は使用する材料が社会と環境に与える影響を考慮し、持続可能な材料の使用を推進します。

● 当社が使用する持続可能な材料について

  • 製品に残留する有害な化学物質については、ミズノRSL(制限化学物質リスト)による管理を徹底し、製品に有害な物質が残留しないことを確実なものとしていきます。
  • 合成繊維全般については再生された合成繊維の比率を高めていくとともに、染色工程での水使用量を削減できる加工方法を採用していきます。
  • 動物由来材料では、毛皮(リアル・ファー)を使用しないこと、天然皮革では畜産副産物である原皮、駆除された害獣の原皮のみを使用しています。また、絶滅危惧種やエキゾチックレザーは使用しません。衣料品等の充填用羽毛については、動物に配慮した方法で育てられ採取されたダウンやフェザーを使用するよう、取り組みを進めています(例:RDS認証サプライヤーからの調達など)。
  • 当社のバット用のメープル材、ホワイトアッシュ材は、森林の保全に配慮している北米の生産者から調達しています。
  • 金属材料については、いわゆる紛争鉱物は使用しません。
  • ウエア類に使用する下げ札類は、再生紙や環境に配慮した材質のものを使用します。
  • 主要なシューズの1足箱は、すべてリサイクル紙100%のものを使用し、ロゴのプリント部分は、環境に配慮した水性インクを使用します。

マネジメント体制

企画から販売までの各工程における品質確保のため、下記4つのルールを定めています。

  • 品質保証規程
    ミズノおよびグループ各社の品質マネジメント全般として、品質方針、品質体系、教育訓練実施など、品質と安全の確保に関する遵守事項を定めています。
  • 設計開発規程
    設計開発担当部門が行う業務を明確にし、滞りなく遂行することを目的として、材料や部品の開発、製品の構造や仕様の設計、さらにはそれら材料や製品を評価し、品質を確認して本生産に移行する手順を定めています。
  • 製造管理規程
    製造工程における品質を維持するための作業手順や管理方法を明確にし、製品の品質を確保することを目的に定めています。この規程は、ミズノが取り扱う全ての製品の製造工程、およびそれら工程を担当する者に適用され、仕入先の製造工程についても、原則として本規程が準用されます。自社内製造工程の管理責任は、その製品の生産、製造を担当するプロダクト部門の部門長に、また、仕入先の管理責任は、その製品の仕入担当部門の部門長にあると明確に規定しています。
  • 顧客対応規程
    販売および販売後の顧客からのお申し出に対する手順を明確にし、原因の追求と再発を防止する仕組みを定めています。お申し出に対しては迅速かつ確実に処理を行い、顧客の満足と信頼を得るとともに顧客満足度の向上・改善を図るよう努めています。

これらの規程に基づき、それぞれのプロダクト部門が担当する製品ごとに、より詳細に対応する各部規則・手順を定めて運用することで、より高い品質の確保に努めています。なお、品質に関連する文書は定期的にメンテナンスを行い、必要に応じて制定・改訂・廃止しています。

企画から販売までの品質管理・保証フロー

図:企画から販売までの品質管理・保証フロー

品質管理体系図

図:品質管理体系図

パフォーマンス ハイライト

品質に関する研修実施状況[*d]

2019年度 延べ129回開催/3,389人参加
2020年度 延べ30回開催/1,116人参加

新聞社告などを必要とする重大な不良品・事故発生件数

2005年度以降0件