お届け時のヘルシーインテリア外装箱破損による段ボール交換ゼロを目指す「外装箱リペアパッチ」

インテリアとして置けるトレーニンググッズ「ミズノヘルシーインテリア」シリーズで、商品配送時の外装箱破損による段ボールの交換をゼロにする取り組みを始めました。

商品には何ら問題がないにも関わらず、商品配送時についた段ボールの傷が原因で、箱不良として商品が返品になっている状況があります。
返品されてきた商品は、新しい段ボールに詰め替え配送をしなおしているため、段ボールの廃棄は増加傾向にありました。
また、返品・再配送の輸送によりCO2排出も余分に発生していました。

そこで実際に通信販売などで商品を購入されている方へ、商品到着時の外装箱について調査※1を行った結果、86%の方が段ボールに「少しの傷・汚れなら気にならない」と回答されました。

※1 2021年10月6日~10月9日の3日間   20~59歳の男女200名 LINEアンケート(ミズノ調べ)

この結果を元に、段ボールの傷を応急処置し、箱を交換せずにお客様へ商品をお届けする方法を模索しました。
そこで誕生したのが、この「外装箱リペアパッチ」です。

商品そのものに問題がなく、段ボールに傷がついているだけの場合、この「外装箱リペアパッチ」を貼り、商品をお届けさせていただくことにしました。
これにより、段ボールの交換による廃棄物の削減、返品・再配送による輸送時のCO2排出削減を目指しています。
この取り組みは今後、ミズノの他の商品カテゴリーへの展開も検討しています。

ミズノは2050 年にミズノグループの企業活動において、温室効果ガスの排出を実質ゼロとするカーボンニュートラルの実現を目指しています。
その実現に向けて、廃棄物の削減を含めた環境に配慮した取り組みを強化しています。